学生なら誰でもお金を借りられる


学生ローンは、学生なら誰でもお金を借りられると思われていますが、これは正しくはありません。正確には、学生ローンを利用できるのは、二十歳以上の学生で、且つ安定収入がある方に限られます。安定収入と言っても、学生が社会人と同様に週5日フルタイムで仕事をすることは不可能です。一般的には週3日、4日、1日/4時間〜6時間のバイトでも、安定して収入があれば、学生ローンの利用はできると言われています。

一部の学生ローン業者は社会人の利用も可能


学生ローンは基本的に学生を対象としたローンサービスですが、一部の学生ローン業者では社会人にも融資をしています。社会人といっても、35歳までの若い層にターゲットを絞っている場合がほとんどです。学生ローンの場合、大手のプロミスやアコムなどの消費者金融と違って、勤務先への在籍確認というものがありません。そのため、勤務先への在籍確認を嫌がる社会人の方が学生ローンを利用することもあります。

学生ローンにはATMがない


学生ローンを利用する上で、一つだけ注意点があります。それは、大手消費金融と違って、コンビニや銀行に提携ATMがありません。そのため、借りたお金を返済する方法は銀行振込に限られます。一部の学生ローン業者では、現金書留による返済も受けつけていますが、銀行振込で返済をするよりも高くついてしまいます。