学生ローンで借りたお金は踏み倒せる


2ちゃんねるなどで、学生ローンで借りたお金は踏み倒せると書き込みがされていたりしますが、果たしてそれは本当なのでしょうか?結論から言ってしまえば、学生ローンから借りたお金を踏み倒すのは不可能です。最初から踏み倒すつもりで学生ローンからお金を借りようものなら、後から取り返しのつかないことになりますので、注意しましょう。

遅延損害金の存在


学生ローンなどの消費者金融サービスには、遅延損害金と言うものがあります。これは、返済が遅れた場合に発生するペナルティ金のようなもので、年利20%という高利の損害金です。例えば、学生ローンから30万円借りて、ばっくれたとします。すると、1年で6万円もの遅延損害金が発生してしまうのです。また、遅延損害金は利息とは別に発生するペナルティ金のため、借主は遅延損害金と合わせて本来の利息も支払わなければならないのです。

家族に連絡をされることもある


学生ローンを利用する場合は、申込の段階で免許証のコピーを提出する必要があります。地方から上京して一人ぐらいをしているような学生の場合、免許証に本籍地の住所が記載されていることが一般的です。学生ローン業者も基本的に家族には連絡をするようなこはしませんが、借りたお金を踏み倒そうとしているような学生なら話は別です。家族に内緒で借入をしたことがバレてしまう、なんてことになってしまいますので、くれぐれも最初から借りたお金を踏み倒すつもりで学生ローンを利用するのはやめましょう。