総量規制がある


学生ローンを展開している業者は、貸金業者になります。そのため、学生ローンからのお金の借入は総量規制の対象になります。たくさんのお金を借りようとしても、総量の規制があるので年収の3分の1を超える金額を借りることはできません。この点をよく理解した上で、学生ローンを利用しましょう。

総量規制とは?


総量規制とは、借金漬けになり返済ができなくなる人をなくすために施行された制度です。総量規制の影響で年収の3分の1までしかお金を借りることができなくなってしまったわけですが、多くの学生は複数の学生ローン業者を利用すれば、バレないだろと考えます。しかし、どこの学生ローン業者からお金を借りても、そのデータは信用情報機関に残ってしまうため、ごまかすことはできません。申込のタイミングで、他社からの借り入れがあるにもかかわらず、「他社からの借り入れはありません」と申告をしても、それもバレてしまいます。嘘は信用を失い、ますます借入が難しくなってしまいますので、正直に申告をしましょう。

年収をごまかすことは可能?


まあ、結論から言ってしまえば、年収をごまかすことは可能です。なぜなら、学生ローンは年収証明の提出を求められないため、嘘の申告をしてもバレることがありません。そのため、借入限度額を高くするために嘘の年収を申告する学生が多いのですが、このような方法は良い事とは言えません。結局収入が少なければ、多額のお金を借りても返済ができなくなるだけですので、年収はごまかすことなく申し込み手続きをしましょう。