返済の融通が効く


学生ローンを展開している業者は中小企業です。大手消費者金融のプロミスやノーローンと違って、返済ができない場合は猶予をもらえるだろう、とあさはかに考える学生も多いのですが、学生ローンと言えども猶予は与えられません。1日でも返済が遅れれば、その分の遅延損害金が発生します。もちろん、事前に返済を少し待ってほしい旨の連絡をすれば、それについては理解をしもらえますが、遅延損害金の発生を免れることはできません。

たび重なる滞納は悲劇を招く


一度、滞納をすると慣れてしまうのか、何度も滞納を繰り返します。遅延損害金を支払うんだから別にいいだろ?と安易に考えている学生も多いのですが、滞納を繰り返すと信用情報機関に滞納歴が事故情報として登録され、以後の借入ができなくなってしまいます。事故情報は、完済から5年間はデータが残るため、その期間は他の金融機関も含めて新たな借入をすることができません。

闇金融に手を出す人も少なくない


一般の消費者金融から借入ができなくなると、闇金融に手を出す人も少なくありません。闇金融は暴利で貸し出しをしているため、あっという間に利息は雪だるま式に膨れ上がっていきます。尚、法的には闇金融から借りたお金は、元金も含めて返済をする義務はないのですが、彼らは法律が通用するような相手ではありません。返済できなければ、容赦なく罵声を浴びせられ、精神的にもかなり追い込まれてしまうでしょう。