在籍確認はない


学生ローンには在籍確認というシステムはありません。例えば、社会人が大手の消費者金融からお金を借りる場合は、必ずといっていいほど勤務先への在籍確認があります。しかし、学生ローンの場合はバイト先に電話をして、ちゃんとバイトをしているかどうかを確認することはありません。まあ、平たく言ってしまえば、バイト先に電話をされるくらいならお金は借りない、と考えている学生が多いからでしょう。

バイトをしていると嘘の申告をする学生も多い


勤務先への在籍確認電話がないことをいいことに、無収入なのにバイトをしていると嘘をついてお金を借りようとする学生も少なくはありません。このような学生に限って、お金を借りた後もバイトをしないので、友達にお金を借りたりなどして、人間関係がガタガタになることが多いです。また、最悪の場合は、借金が膨れ上がり自己破産に追い込まれる人もすくなくありません。

しっかりとした返済計画を立てることが大切


学生ローンと言えども、それは借金に変わりありません。業者にお金を返していく義務があるわけですから、しっかりとした返済計画を立てる必要があります。自分の財布とよく相談をして、毎月返済可能な金額を割り出しましょう。その上で、どれくらいの期間で返済ができるのかをよく計算した上で、借入の申込をしましょう。